大鉄精工の装置、NC複合旋盤、NC旋盤、マシニングセンター、汎用旋盤

代表者メッセージ


職を変えると言う選択肢は何故起きるのか?
それは現在の仕事に対する不満が大きくなってきているからだと思う。 何が不満なのか?

金属加工業と言う業界で見ると殆どは10人弱の零細企業。
やはり給与の問題も大きいとは思いますが、少人数故に見たくなくても会社の内容が良く見えてしまう。
だからこそ、色々な不満、疑念が出るのだと思う。行き着く先が給与の問題となるのではないか?と思うのです。

不満の中身は年功序列であったり、仕事の評価が曖昧物を作っている以上、作った物の品質や数で評価されるのが筋だと思うがそれを的確に評価する体制が取れていない故の不満。小零細企業の多くは親族会社で、それ故の不公平な待遇差等々...

「それが嫌なら辞めればいい」と言う社長が殆どでしょう。
ですが、我々の業種は機械設備が高く普通の社員では独立は現実的に不可能に近い。その中で日々悶々としている人は多いと思う。

私もその中で日々悶々と仕事をしていました。それでも仕事を適当にこなす事が出来るはずもなく誰からも評価されず、鬱憤を抱え友人と飲めば同じ愚痴...
本当に腐ってました。

色々あって独立してから毎日必死でした。
ですが、私自身は大して大変だったと言う思いはありません。それは普通に仕事をしているからです。
給与が多く欲しければ人より仕事(物を作る)をすれば良いだけ。何と言うか自分の存在意義を仕事の中に見付けられたと言うのが非常に大きいです。

「出来ればあげるし、出来なければあげない」と面接に来た人には言い続けてきました。
実際に出来る人は殆ど居ません。そして去っていく...
ですが、少しづつ理解してくれる人が出てきました。踏ん張って続けてくれる人が出てきました。

会社はくだらない不満をためる場所では無く、自分の力を製品に変えて給料を得る場所でありその製品を通じて様々な産業を動かし、生かし生かされる場所である。この事を実感し、実現していく場所であると思う。

仕事自体には誇りを持っているけど...
と思う方であれば悩んでないで話だけでも聞かせて下さい。

物を作って給与を得る事に誇りを持っている方は同じ製造業の仲間だと思っています。

大鉄精工株式会社 代表取締役 木下 道貴

エントリーする

Page TOP