スリーブ加工品の紹介

当社で製作しているスリーブは回転軸に被せる所謂シャフトスリーブをご紹介します。
モーターやエンジンに使用されている回転軸には軸端部からの油漏れや異物の侵入を防止する為にオイルシールが用いられています。

長期間軸に当たる事になりますので、オイルシール自体は勿論、回転軸本体も摩耗してきます。
その為、定期的な交換メンテナンスが必要ですが、回転軸本体を交換となるとメンテナンス性も悪く、コストも高額になってしまいます。
それを避ける為に回転軸にスリーブを被せてスリーブにオイルシールを当て、交換時にスリーブを外して交換すると言う方法が取られます。
こうする事でメンテナンスを容易にしつつ低コストでの交換メンテナンスが可能となります。

オイルシールが当たる部分は特に高い耐摩耗性が要求されます。
また、回転軸に被せる性質上、スリーブ内外径の公差、振れ精度、真円度が高い次元で要求されます。

当社では、加工精度は勿論の事、お客様からの高い耐摩耗性に対する要求にお応えし続けてきた経験がございます。また、その工程を全て当社で一元管理しております。

耐摩耗性を高める為の高周波焼き入れ、研磨仕上げ、セラミック溶射、メテコ16C溶射等を一貫して対応できる体制を協力会社様と共に作り上げてきました。
当社の加工技術と協力会社様の技術が合わさったシャフトスリーブは様々な業界に使われており、高い評価をいただいております。

メテコ16Cを使用したスリーブ

メテコ16Cを使用したスリーブ

セラミックを使用したスリーブ

セラミックを使用したスリーブ

ハードクロームメッキを使用したスリーブ

ハードクロームメッキを使用したスリーブ

見積り依頼はこちらからお願いします

Page TOP